失恋の喪失感

失恋の喪失感

失恋って言葉を聞くだけでもとても悲しい気持ちになります。

それが自分の身に起こってしまうと、悲しさも喪失感もとても大きいものです。

好きな相手に恋人がいた、告白したけど上手く行かなかった。

付き合っていても、結婚していても時には別れがあります。

失くしてしまった存在の大きさに後から気付いてもどうしようもありませんよね。

周りは「時が経てば解決するよ」とか「他の人に目を向けてみるチャンスだよ」と慰めてくれても、やはり心の穴は埋まらない。

そんな時何も出来ない人にはならないでください。

やらずして後悔するのと、やって後悔するならどちらを選びますか?

私なら、あの時やっておけばよかったと思うよりは後者を選びます。

やって後悔したなら、悔いはありません。

どんなに努力しても結果は変わらないかも知れません。

でも、もしかしたらあなたが諦めず行動することで何かが変わるかも知れない。

それは恋人・片想いの相手の気持ちかも知れない。

自分自身に対しての事かも知れない。

やってみないことには何も分かりませんよね。

何か行動して結果が変わらないと意味がないと嘆くより、二人の間には何も変わらなくても自分が諦めず行動した結果は変わっています。

今の気持ちを引きずるよりは、「過去ではなく今を歩こう」と思えるまで行動して見てもいいのではないでしょうか。

2011年8月21日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。