恋愛結婚とお見合い結婚の比率

恋愛結婚とお見合い結婚の比率

女性の社会進出が増える一方で晩婚化、もしくは独身者が増えてきています。

中には本当にずっと一人でのんびりしていたいと思って結婚を考えていない人もいるでしょう。

でも、多くの男性や女性は結婚はして子供をいつかは授かりたいけど、今はその時期ではないとしている内に婚期を逃しているのです。

結婚は人それぞれのタイミングなどもありますので、一概には言いえませんが、年齢が若い時に結婚している人は「恋愛結婚」。

30歳を超えてからの人は「婚活」のお見合いパーティーなどで知り合ったいわゆる「お見合い結婚」をしている比率が高いことが分かりました

若い人には「授かり婚」などと呼ばれる、結婚前に子供を授かっての結婚が多い傾向もあるので、最終的に「恋愛結婚」がほとんどなのでしょう。

最近の結婚事情を見ていると、恋愛7割ほど3割ほどがお見合いと言う感じのようです。

一昔もふた昔も前は、会社の上司や近所の人の勧めでお見合いが圧倒的に多かった時代です。

中には自分の意思が関係なく政略結婚なるものが存在した頃です。

そう考えると、自分の意思を尊重して結婚をできるようになった今は幸せなのかもしれませんね。

その分「離婚」率も年々上がってきているのは少し心配ではありますが。

2011年2月16日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。