待ち伏せの心理

待ち伏せの心理

今回のお話しは、付き合っている男女におけるお話しです。

お互いに恋人関係の男女であれば、喧嘩をしたり意見が合わなくて険悪な雰囲気になりそのまま家に帰ることだってあるでしょう。

また、仕事が忙しくて会う時間が少ないというシチュエーションにもあり得る話しです。

ドラマなどでも女性が健気に駅のホームや、マンションの玄関で待っているシーンがありますね。

男性があらわれると「待ってたの…」という彼女に、果たして世の男性はどういった心情を抱くのでしょうか。

僕のみならず、僕の周りの男性の意見としては、「少し引いてしまう」というものでした。

約束していた日に待っていたのならまだしも、「なかなか会えないから」などという理由で約束もなしに待たれていたら、嬉しい半面、少し彼女の気持ちが重く感じてしまうものです。

まして、彼に電話して

「今駅にいるんだけど、会えないかな…」

なんて言った時に、まだ彼が仕事中だったら…。

嬉しいどころか、「まだ仕事中だ!」と憤慨されてもおかしくないことでしょう。

約束していない時間というのは、あなたのものではありません。

彼自信のものなので、勝手に入り込むこと、あるいは入り込み過ぎることはなるべく避けてくださいね。

2010年6月13日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。