嫉妬という気持ち

嫉妬という気持ち

どんなにおおらかな気持ちを持っている人であっても、私たちの心には「嫉妬」という気持ちは存在します。

小学生の恋愛においても嫉妬心は存在しますし、幼児期・乳児期の子供でも母親に嫉妬したりするものですからね。

嫉妬という気持ちを持つことは、ある意味健全な証拠です。

ほとんどは、その嫉妬心に対して折り合いをつけるものですが、その嫉妬心がエスカレートして相手の気持ちを傷つけたり、嫉妬から相手を詮索する行動がひどくなることも。

実は、この嫉妬心というものは厄介なもので、病的なものへと発展する場合があります。

相手の行動をしつこくチェックしたり、相手をするような嫉妬心は、個々の病気にかかっている可能性があります。

その病気を引き起こすもとは、ストレスだったり心にトラウマを抱えていることもあるのです。

本人的には、嫉妬は辛くて仕方ないのですが、周りの人にはなかなか理解しがたいのが事実です。

しかし、病的であればある程、パートナーの協力も必要になってきますからお互いのためだと思って真剣に向き合って下さいね。

デートの時にすれ違いざまに他の異性をちらっと見たなんてことは、正常な行動なので、嫉妬せずに多めに見てあげましょう。

2010年3月29日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。