不動産投資-物件選択は慎重に-

不動産投資-物件選択は慎重に-

マンション・土地・店舗・一戸建てなど、多岐にわたる不動産に投資し、賃貸による収益を上げようと考える方も少なくないのではないでしょうか。

老後はマンションオーナーになりたいという話も耳にします。

しかし、不動産という大きなもの。

間違いなくその物件が収益を上げられるかは立地・交通アクセス・間取りなど、その時に欲しいと思ってもらえる物件を持っているかが大きく作用します。

結局は需要に対する供給体制ができていることが第一条件と言う事に変わりありません。

まず、不動産に投資するのなら一番最初に立地を考えましょう。

中心都市に近過ぎると、建築費用や自己資金の準備段階で挫折する場合があります。

また、せっかく賃貸顧客が入ったとしても減価償却までに時間を要し、結局は何のために買ったか分からなくなります。

まず大切なのは、交通の便の良い中心都市から遠からず近からずにある物件を選び、値段の割に得をしていると顧客が思える内装づくりを心がけましょう。

水廻りや設備などの部分に顧客の目は行きがちです。

本来ならば材料などにお金をかけるところ、この場合は設備投資に当てましょう。

これで顧客の心をゲットして、長く快適に住んでもらえるアフターフォロー体制が整っていれば文句のつけどころがありません。

物件投資をお考えの場合は是非ご参考までに。

2010年7月24日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。