パチンコ業界と節電

パチンコ業界と節電

かつてパチンコ店と言うと、ネオンや街灯を派手に煌々と照らしているイメージがありました。

いまや時代は節電ブームです、特に3.11の大震災の後はかつての派手な印象はなくなりつつあるようです。

ただでさえ業界の在り方が問われやすい業界であるが故に、節電に対する取り組みスピードは震災後更に加速したように思えます。

店内照明の削減やLED化、空調設備への対策、クールビズに対応する制服など様々な取り組みが業界を挙げて行われているようです。

坪単価が高い、利益を上がれるこの業界は大量消費で利益を上げるスタイルが定着していました。

ネオン、遊技台の入れ替わりスピード、広告宣伝、どれも巨大な利益を生むためにダイナミックに消費されていました。

現在は低貸営業も少なくなく、利益も売り上げも縮小傾向にあるようです。

ある意味バブルのような状態が続いていた業界もいまや本来の営業を見直す時代に突入しています。

節電もその施策に大きく影響を及ぼしています。

節電そのものの費用対効果もそうですが、業界や店舗のイメージを損なわないためにも必死に取り組む姿勢が見られます。

いまこそ震災の復興、またその後を見据えて業界全体も変革を求められていると思えます。

2011年7月 7日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。