版権モノとパチンコ

版権モノとパチンコ

パチンコの遊技台において版権モノは一つのジャンルとして確立しています。

完全オリジナルのパチンコ台も数多く存在しますが、人気台の大半は原作を別に持つ版権モノが多いようです。

版権モノは店舗側にとっても大きな販売促進の決め手になります。

人気のキャラクターが存在するものはそのグッズまでもプレミア的価値が付いたりと二次的効果がもたらされます。

エヴァンゲリオンシリーズがその最たるものでしょう。

アニメの知名度もさることながら、パチンコ限定のグッズや商品によって新規の顧客開拓に繋がるし。

アニメそのものの知名度アップにも大きく貢献した良い例がエヴァンゲリオンシリーズと言えます。

パチンコからその原作を知って興味を持たれる方も多くいたようで、ホールではその原作DVDが大量に販売されたりしました。

しかし、イメージからパチンコの遊技台に適さないと著作側から拒否反応が示される場合もあるようなので、一概にすべてがプラスとは言い切れません。

もちろん遊技台そのものの遊戯性、ゲーム性が高くないと原作の良さが生かされないこともあります。

どちらにせよ、パチンコの遊技台になるというのは、大きな影響力をもたらす効果があると言えます。

2011年3月30日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。