ギャンブルにおける心理

ギャンブルにおける心理

ギャンブルを行う人には特有の心理が存在します。

まず、優越感を得たいという心理、「自分だけ儲けたい」という気持ちは多かれ少なかれ存在し、ギャンブルの勝ち負けの感情の起伏を増幅させます。

この心理によって、勝ったときは気分が高揚し、自分が特別な存在のように思えるのです。

逆に負けた場合は、罪悪感や後ろめたさにさいなまれ、ひどく落ち込んだり、他人に嫉妬したりするようになります。

ひどい状態になると、暴力的になったりし、犯罪に手を染めかねます。

ギャンブルには日常では味わえない感覚があります。

ギャンブルによって脳が刺激され、ボケ防止になるという老人もいます。

たしかに刺激という面ではギャンブルは他では味わえないような非日常的な感覚を与えてくれます。

ギャンブルは麻薬と言います。

しかし、麻薬ほど危険なものではないと思いますし、法律では完全に禁止はされてはいません。

やり方を間違えさえしなければ、娯楽として楽しめるものだと感じます。

中毒性や依存症の問題もあります。

その点を認識したうえでギャンブルを楽しんで行かなくてはならないでしょう。

もし依存の要素があるかもしれないと感じるなら心療内科をお勧めします。

2011年3月23日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。