環境問題とパチンコホール

環境問題とパチンコホール

世界的に環境問題に対する取り組みが強化されてきています。

一般家庭ではエコカーや省エネ家電、ソーラーパネルなどが普及しました。

産業の分野では廃棄物の処理や、再利用の強化、CO2の削減も大きく影響を与えています。

節電、節水などが言語として一般化してきている企業も多くあるようです。

パチンコ業界でも環境に配慮する動きは少なからずあるようです。

パチンコ店と言うとネオンやライトアップ、騒音などがイメージとしてありますが、風潮として今は環境対策がなされている事が多くなってきているようです。

かつては出玉が見える方がいいと、ドル箱が山積みにされていて音も派手な事が多かったのですが、今はパーソナルシステムが主流になりつつあります。

カード一つで出玉を管理する上、玉循環も静かになって、昔に比べすっきりした印象があります。

分煙化も進んでいる店舗もあるようです。

かつての刺激を求めて過剰に演出していたパチンコ店は、今やスタイリッシュでスマートな形が好まれるようです。

パチンコ業界のイメージが取り立たされる中、やはり積極的に環境には配慮しないといけない時代になってきたと言えます。

2011年3月 9日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。