パチンコ店と法律

パチンコ店と法律

パチンコ店の営業は一般にはあまり知られていなく不透明なイメージがあります。

極端な話、店側が好き放題にやっていると感じる人も少なくないと思われます。

しかし、パチンコ業の営業も他の業種同様社会のルールに則って行われます。

特にパチンコ業は社会や顧客に与える影響の大きさ故に大きな規制が設けられています。

他の企業との違いは風適法(俗営業等の規制及び業務の適正 化等に関する法律)が適応されている点です。

これは原則として警察による許可営業という特徴を持っています。

許可営業と言うのは、許可が下りない限り営業が出来ない営業です。

すなわち警察がNOといった時点で営業を停止せざるを得ない、そんな営業形態になります。

警察の見解で「過激な営業だ、許可をとりさげる。」と判断された時点で即廃業となるのがパチンコ業界です。

まだまだクリーンなイメージは少ない業界ではありますが、不正を行うことは利益を得ると言うこと以上に大きなリスクを背負うことになります。

他の業種と違い、「警察の見解」という大きな壁があるため、警察対策もこのパチンコ業界には欠かせない業務となるのです。

法律の大きな圧は他業種よりもかかる為、イメージ以上に法令遵守を重視する業界と言えます。

2011年1月19日|

カテゴリー:コラム

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。